2015年03月26日

京都御所ツアー♪♪ その弐

波動の違い〜!!!

感謝しています。
ツアー報告も後半です!
ガーデナーとしては、庭や植物に
とっても興味が湧きました。

清涼殿(せいりょうでん)

清涼殿.jpg
天皇の御生活の場として永い間使用されたそうです

大変立派な建物ですが、実際生活をするとなると
広すぎる故、夏はまだ良いとしても
冬は寒すぎる〜〜!な感じでした。
この前庭に籬(ませ)と言われる囲みの中に
呉竹(くれたけ)と漢竹(かわたけ)が植わっています。
竹類は生育が旺盛なのですが、きっちりこの籬に
納まっているのが不思議でした!

IMG_91801.jpg
                 IMG_91921.jpg


          IMG_91791.jpg
          皆さん、興味深げに説明を聞いてました

              御学問所(ごがくもんじょ)

御学問所.jpg

この横にある庭で蹴鞠が行われるようです。
もっと広い場所を想像していたのですが、
意外とこじんまりとしていました。
(というか、蹴鞠をする場所が決まっているのも
知りませんでした〜!^^;)

前後しますが、清涼殿の北東に主庭である
御池庭(おいけにわ)

     IMG_92001.jpg

実際にその前にたたずむと、雅な世界に日本人なら誰でも
その美しさに感動を覚えると思います。
残念ながら回遊式庭園には入れませんが、
極楽浄土〜〜が、ここにある!?笑

                       IMG_92051.jpg

           IMG_92251.jpg

IMG_92291.jpg

しかもその御庭にはカラスが遊びに来ているのですが
その大きさたるや半端ないものでした〜。
日本の神話に出てくるヤタガラスは
かくありなん!という感じでしょうか。
何よりも、一人さんがカラスやクロネコなど
縁起が悪いもののように言われるけど
みんな地球の仲間だよ!
ここのカラスに至っては、ありがたく、神々しい程でしたよー♪

                ヤタカラス.jpg
                正面を向いてくれたカラス様

この庭のほとんどは松をはじめとする緑の木々。
中でも珍しいのは五葉松の多さ。いたるところで目にしました。
五葉松の品種で別名、姫小松(ヒメコマツ)と呼ばれるもので、
本州以西に自生します。
         IMG_92331.jpg

唯一、左近の桜も咲いていない中、
紅梅が彩りを添えていました♪
女性が花、というのもこれを見れば
納得がいきますね〜!美しい〜!!

紅梅.jpg


さてさて、波動の違いですが
御所の中は緑がいっぱい!
その植物がどれも瑞々しく、美しい!
御所のある場所では中と外では何故か
緑に差がありました。
これこそが、その地の波動の差ということでしょうか!?

敷地のすぐ外に植わっている松
IMG_92601.jpg

                 敷地内に植わっている松
                 IMG_92491.jpg

是非、皆さんも機会があったら
お出かけ下さいね。
一般公開されますよ⇩
http://www.kunaicho.go.jp/event/kyotogosho/kyotogosho.html

皆さまに全てに良きことが、
雪崩の如く起こります。


三木支店長










posted by 三木支店 at 10:09| Comment(0) | 旅気分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。